--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/04

これは「猿以下」!間違ったコミュニケーションスキルとは?

相手の行動を真似ると
好感を持ってもらえる!
はずだったのに…



orz.jpg 


こんにちは!
人見知り改善コンサルタントの
『だい』です。


今日は前回紹介した
「マッチング」というテクニックを
より効果的に使うための
裏技を紹介します。


そもそも「マッチングって何?」
という人もいると思うので
軽く説明をすると、

『相手のしぐさを真似ることで
無意識的に親近感を持ってもらう』


テクニックのことです。



マッチングに関しては
こちらで詳しくお話ししています。
↓↓↓
相手に5秒で
「こいつとは気が合うな!」
と思わせる方法




そこら中に溢れかえっている
「会話術」の本には、
マッチングの技術について
解説されているものも多いです。

ですがそこに書かれているのは
「相手の真似をしよう」という
表面的なことだけですよね?


今回はそこからさらに一歩進めた
「メンタリズム」を勉強している
人だけが知っている裏技

ここでだけご紹介します。


ここで見逃すと、
一生知る機会が訪れないような
重要度の極めて高い話
なので
絶対に最後まで読みましょう!


ここまで読み進めるのに
使った54秒を無駄に
しないためのお話



今回紹介する
「『裏』マッチング」
些細な事ですが、その効果は
本当に恐ろしいものなのです…


具体的には、
「マッチングの効果が半減」
するほどの、知らないと非常に
もったいない知識です。


このような理由があるので、
ここからは最後まで一気に
集中力を高めまくって
読み進めてください!


相手の行動を真似るだけの
猿真似は意味がないので
今すぐやめてください


猿 



あなたは、マッチングの説明を聞いて
「よし、相手の真似をしよう!」と
思っていると思います。


ですが、注意しなけれないけない
ポイント
があるのをご存知でしょうか?


それは、
「鏡を意識して真似をする」
ということです。


「え?鏡ってどういうこと?」
って思いますよね…


例えば鏡を見て
”あなたが右腕を上げ”たら
鏡の中のあなたは
どのような行動をするでしょうか?

「自分が右腕を上げたんだから
鏡の自分も右腕を上げてるに
決まっているじゃないか?」
と思うかもしれません。


ですが、よく考えてみると
鏡の中の自分は
「左腕を上げている」
ことに
気が付いたと思います。

鏡 



ついでに想像してほしいのですが、
あなたが誰かと会話をするとき
9割は向かい合ってませんか?


つまり、自分と相手の位置は
鏡と向き合った自分と同じ
になっているわけですね。



ここで結論。

相手の真似をするときは、
相手と鏡写しになるように
真似をするべきなのです



つまり、
相手が右手で髪をいじったなら
あなたは左手で髪をいじる。

相手が右足を上にして
足を組んでいるなら
あなたは左足を上にして
足を組んでみる。


これが「正しい」マッチング
方法なのです。


相手が右腕を上げているのに
あなたも右腕を上げると
正反対のポーズになるので、

相手には無意識的に
「この人とは合わないな…」
と思われてしまいます…

気が合わない


そんな失敗を犯すのは
本当に意味のないことなので
今すぐに頭に刻み付けて
相手の好感を奪い取りましょう!


次回は今回紹介した
「マッチング」のテクニックが、

しっかり効果を発揮しているかを
確認できる方法を

あなただけにお伝えします。


人間の特性を利用した
画期的で驚きの方法
なので
気になる方は今すぐ
次の記事も読んでくださいね!



最後まで読んでいただき
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。