2015/12/03

相手に5秒で「こいつとは気が合うな!」と思わせる方法とは?

コミュニケーション術の
王道中の王道…
ついに公開!?



こんにちは!
人見知り改善コンサルタントの
『だい』です。


今回は相手と信頼関係を築く際に
もはや常識にもなっている
会話術の王道の方法
あなただけにお話します。


その方法とは、
「マッチング」という
コミュニケーション法です。

一般的には「ミラーリング」
などとも呼ばれていますね。


~ミラーリング



「もう知ってるよ!」と
思う気持ちもわかります。

かなり有名なテクニックですからね…


でも僕があえて、この記事で
「マッチング」について
わざわざお話している
理由はたった1つです。


「マッチング」の影響は
本当に!本当に!本当に!
侮れないからに他なりません。



なので、今この場で
初めて「マッチング」というものを
知ったという人
はもちろん、

「マッチング」のことを
知っているあなた

初心に帰って必ず
最後まで読んでくださいね!



気が合う・合わないは
ある法則で説明できる!?


 気が合う


「マッチング」とは、簡単に言うと
『相手のしぐさを真似ることで
無意識的に親近感を持ってもらう』

テクニックのことです。


例えば、人と話しているときに

「この人とは気が合うな」
「この人とはちょっと合わないな…」

といった印象を
持つことがあると思います。


このように合う・合わないは、
様々な研究から、あるポイントが
原因
であるとされています。

そのある原因とは
「類似性」です。


つまり
似た者同士ほど仲良くなりやすい
ことが分かっているんです。


「マッチング」というテクニックは
この類似性を意図的に
引き出す
ことができるのです!

しかも、相手の無意識下で…



5秒で習得できてしまう
マインドコントロール…



やり方はいたって簡単です。

相手の動きを少し時間をおいて
真似をする

ただこれだけです。


~真似


例えば、相手が鼻を触ったら
少し間をおいてから
自分も鼻を触る。

相手が腕を組んだら
自分もちょっと時間をおいて
腕を組んでみる。


これくらいなら、
この記事を読んだ後
すぐにでも出来ますよね!


この際のポイントは、
相手にばれないように真似をする
ということです。


相手に真似がバレると
「こいつ、なにやってんだ?」
と思われてしまいます。

それどころか、
「失礼な奴だな」と悪い印象を
与えてしまいます。


そのために”少し間をあける”
ことが効果的なんです。


是非、この記事を読んだ後に
出会った最初の人を相手に
「マッチング」を
仕掛けてみてください!



マッチングの”裏ルート”
ってご存知ですか?



…と、ここまでは
会話術と教える本に
書いてあるようなことですね。


ですが、このマッチングには
さらに効果を上げる秘密
隠されているのです。


少し長くなったので
その秘密については
次回の記事でお伝えします。


正直、この秘密にまで
言及している会話術の本は
かなり少ないので、

次の記事を読まないと、
マッチングの本当の影響力を
一生知ることができない
可能性
があります…


ここまでしっかりと読んでくれた
あなたは、次の記事も
読んでくれると思っています。


それでは次の記事で
またお会いしましょう!



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
2015/11/28

会話の主導権は「手」で握れ!!

悪用厳禁!
悪用のために生まれた
非道徳な感情誘導術!



こんにちは!
人見知り改善コンサルタントの
『だい』です。


今回の会話術は
ジェスチャーを使って
会話を自分の思いのままに
操る
、驚きの方法です!


簡単に言いましょう。

会話の中で
ちょっとした動作を意識することで
相手の感情を自分の思い通りに
操る方法
をお教えします…


マインドコントロール


実は、人との会話の中で
一番影響力のあるのが
「体のしぐさ」なのです。

一言で体のしぐさといっても
無数にあるのですが、
今回は会話の主導権を
握る方法
をお伝えします。


今回お伝えする
コミュニケーション術は
かなり危険なものになります。

それほどまでに
強力なテクニックなので
今この場でしっかりと
覚えていってください。


この会話の指揮者は
他でもないあなたです!!


会話の主導権を握る
効果的なジェスチャー。

それは、
「相手の手の位置より
自分の手の位置を高くする」

ことです。

手の位置


こうすることで、
無意識的に相手は
あなたの存在を
大きく感じるようになります。

つまり、相手は
大きな存在=偉い人
と話している感覚
になるのです。


例えば、机に向かい合って
座っている時に、
相手が手を膝に置いているなら
自分は机の上に手を置く。

相手が机の上に
手を置いているなら、
自分は話をしながら
胸のあたりで手を動かす。


これを続けていくと
相手は、気持ち的に
あなたに逆らえなくなります。



そんなことしたら
嫌われるんじゃ…?



もしかしたら、
そんなことをしたら
相手に不快に思われるのでは?
と思ったかもしれませんね。

でも、このテクニックは
相手の無意識下で起こるので
そこまで気にする必要が
ないのです。

無意識


相手に気づかれずに
会話の関係性をあなたが
自分の思うままに作り上げる。


まさにメンタリズム的
ブラック会話術
という名に
ふさわしいと思いませんか?


是非、今すぐ
試してみてください!

自分のペースで話を
進められる
ので
かなり気楽に会話が
楽しむことができます。


次回は、
このテクニックを応用した
相手に信頼感を持ってもらう
体のしぐさ
をお伝えします。

勘のいい方なら、
もう分かるかもしれませんね。


このテクニックも
かなり使えるものなので
次回の話も読んでみてください!



まとめ

相手の手より高い位置に
自分の手を置くことで
会話の主導権を握れる!



最後まで読んでいただき
ありがとうございました!



2015/11/27

「アレ」は早すぎても遅すぎても嫌われる…

相手に無意識に
嫌悪感を与える「アレ」は
今すぐ改善しないとヤバイ!


ポロッ 


こんにちは!
人見知り改善コンサルタントの
『だい』です。

今日は、相手があなたの話を
しっかりと聞いてくれる
ようになる
「声」に関する面白い話を
お伝えしようと思います!


あなたは今まで
「話のテンポ・スピード」
意識したことってありますか?


相手があなたの話を
つまらなさそうに聞いている
なら、
この「話のテンポ・スピード」が
原因である可能性が高いです。


なぜなら、
不適切な話のテンポはでは、
あなたが何を話しているのか
相手には聞き取れないからです。


そうなると、
「こいつと話していると疲れる」
「コイツの話はなんかイライラする」
という悪い印象を与えてしまいます。

特に人見知りの人は、
緊張して話のテンポが
かなり早くなってしまうので
特に重要です!


必ず最後まで読んで
自分の会話のテンポを
振り返ってみてください!



あなたはウサギ派?
それともカメ派?



あなたに質問なのですが、
人がもっとも話していて楽しい
と思う会話のスピード
とは
どれくらいの速さなのでしょうか?

聞き取り 


コミュニケーション学などでは
「400文字/1分」
目安とされています。

つまり1分間に
原稿用紙1枚分くらいの
会話のペースが最適なのです。

といっても、それって結局
どれくらいのペースなのか
わからないですよね…


そこでまず最初に
ちょっとやってみてほしい
ことがあります。

お手持ちのスマホなどには
声を録音できるアプリ
入っていると思います。

(入っていない場合も
無料でダウンロードできる
アプリもあります!)


そこで、まずは1分間
自分のいつものテンポで
独り言を言ってみてください。

(手近にある本の音読、
このブログ記事の音読などが
やりやすいと思います。)


そして、ここが少し面倒ですが、
1分間に話した文字数を
数えて
みて欲しいのです。


つまり自分が
○○文字/1分のペースで
話しているか

明らかにしていきます。


もしこれが、
400文字より大幅に多ければ
あなたは早口で話す
傾向があることがわかります。

逆に400文字より少なければ
話のペースがゆっくり過ぎて
相手にイライラさせてしまう
傾向があるわけです。



地味なテクニックほど
本質を突いているんです!

話し方を変える 


これを一回知ってしまえば、

自分の話すペースは
(早い・遅い)から
もっと(ゆっくり・早口で)話そう

と意識できるようになります。


そうすると相手に
「ごめん、何言ってるかわからない」
「もっとはっきり話せよ」
と言われることはなくなります。


地味に思うかもしれませんが、
効果は地味どころか
相手からの印象がガラッと
変わるほど強力です!


一度だけでいいので、
面倒くさがらずに
自分の話すスピードを確認して
400文字/1分を目指してください!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

2015/11/22

絶対音感の人ほど会話がうまい!?その理由は…


自分の声一つで
相手の感情をコントロールする
メンタリズム的会話術!



こんにちは!
人見知り改善コンサルタントの
『だい』です。

今回は、前にお話した
「メラビアンの法則」
もっと詳しいテクニックを
お話していきます。


※メラビアンの法則って何?
というあなたへ。

これはあなたの会話力を
最大14.3倍高める

アメリカの心理学者の提唱した
会話に関する法則です。


他のどのテクニックよりも
簡単に相手に親近感を
持ってもらえる会話術
なので
見逃したらかなり損ですよ!

↓↓↓
メラビアンの法則を学ぶ!



さて、今回は
聴覚を使った会話の
テクニック
をお伝えします。

聴覚情報


これ一つだけでも
突き詰めていくと
かなり奥の深いのですが、

この記事で紹介するのは
今すぐに実践できる
テクニックに絞ります!


メラビアンの法則によると
これを学ぶだけで、

あなたの会話力は
5.4倍上昇する
ので
最後まで必ず目を通してください!



会話の約4割を占める!
相手を無意識に話に
夢中にさせて好感度を高める
ボイストーンテクニック!


声トーン 


今回は聴覚に関する
会話テクニックについて
お伝えすると先ほど
言いましたが、

そもそも聴覚の情報とは
どんなものがあるのでしょうか?


聴覚情報は大きく分けて

①声のトーン(高さ)
②話すスピード

の2種類になります。


ここはかなり大事なところで
あなたにもしっかりと
覚えておいて欲しいです。

なので、今回は①の
声のトーンに絞って
お話しますね!


ドレミファ『ソー!!』

好感度を上げる
声のトーンについては、

一般的にドレミでいうと
『ソ』の音が一番高印象を
持たれやすい
という
研究があります。

『ソ』の音は高すぎず低すぎない
相手にとって聞き取りやすい音
だからだと言われています。

心地よい声


ただこれについては
場面によっても
少し異なってきます。


例えば、相手に安心感や
信頼感
をもって欲しいなら
少し低い声の方が
効果的になります。


逆に相手と高いテンションで
楽しい会話がしたい
ときには
少し高い声のほうが
盛り上がりやすいです。

テンションが上がると
声が裏返りやすいのを
逆手にとったテクニックですね!


場面に合わせて
自分の声のトーンを
少しだけ意識してみてください!

相手の反応が
かなり変わりますよ!


次回はもうひとつの
大事な要素である
話のスピードについて
お話します!


最後まで読んでいただき
ありがとうございました!
2015/11/21

【悲報】あなたの話…たったの7%しか伝わってませんよ?


会話術の罠!?
これを知らないと、たったの
7%しか話を聞いてもらえない
恐ろしい心理研究とは?

驚き顔 


こんにちは!
人見知り改善コンサルタントの
『だい』です。


今回は、相手があなたの話に
14.3倍興味を持つ

ある心理学の法則を
お伝えします。


会話をスムーズにしようと
したときに、大抵の人は

・雑談力を鍛えよう
・スムーズに話せるようになろう

と思ってしまいます。


もちろんこれらも
会話を盛り上げるために
大事な要素ではあります。


ですが、今回の話は
雑談力をつけるより
スムーズな話し方を練習するより
遥かに効率的な会話術です。


5分もあれば読めるので
1秒も集中を切らさず
最後まで読んでみてください!



あなたの話を最大14.3倍
「楽しい!」と思わせる
ある『ルール』があります。



あなたは「メラビアンの法則」
というものをご存知でしょうか?

これはアメリカの心理学者
アルバート=メラビアン
発見した心理法則です。


もしくはこういう言い方なら
聞いたことがあるかも
しれないですね。

「7:38:55の法則」
「3Vのルール」

とも呼ばれています。

目ラビアン


メラビアン教授によると
人が親近感に関係する
コミュニケーションのパターンが
3つ
あるとしています。

すなわち

・言語情報
・聴覚情報
・視覚情報

の3つです。


って言っても
「よく分からない…」
ですよね。


簡単に言うと

『言語情報とは
話の内容のこと』

『聴覚情報とは
口調や喋る早さのこと』

『視覚情報は
見た目や手振りのこと』

ということです。


メラビアンの法則は
この3つのうち
相手に与える印象が

言語:聴覚:視覚
=7:38:55

の割合で決まる
というものなのです。


つまり今まであなたが
「面白い話をしよう」と
雑学や豆知識を勉強しても

相手に与える影響の
たった7%しか
効果がない
ということです。


恐ろしいですよね…

興味なし 


逆に言えば今からでも
聴覚情報(口調やテンポ)と
視覚情報(身なりや手振り)
をしっかりと意識すれば、

今までのあなたより
14.3倍の好感度を
ゲットすることができます!


ここに関しては
しっかりと理解して欲しいので
次回以降の記事で
もっと詳しくお伝えします。


例えば、

どんな口調や声のトーン、
話のスピードが
相手に一番高印象を与えるのか。

身振り手振りで
相手の好感度を無意識に
操る悪用厳禁のテクニック。

などを話していきたいと
思っていますので、
そちらも是非ご覧ください!


最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。